WAKE

日常における気づきや目覚め、悟り、またその繰り返しによってできる跡をイメージ。共に生きたい服をメッセージに、自立した女性のワードローブに馴染む服を提案する。